幅広い年代に起きる抜け毛|育毛剤が女性の髪と自信を取り戻す|心強い味方

育毛剤が女性の髪と自信を取り戻す|心強い味方

幅広い年代に起きる抜け毛

栄養剤

男性ホルモンが影響

プロペシアはAGAの治療薬として有名な内服薬です。これは日本では医師の処方箋がなければ購入することができません。海外の通販で購入することもできますが、製品の安全性や効果を重視するなら日本の医療機関で購入することをおすすめします。AGAは男性型脱毛症と呼ばれる病気で幅広い年代に発症します。放置しておくと進行してハゲしまうこともあります。その原因は男性ホルモンが頭皮にある5α還元酵素という特殊な酵素と結びつき、脱毛原因となるジヒドロテストステロン(GHT)をつくることで起こります。GHTは毛根に作用し髪の成長を阻害してしまいます。プロペシアは5α還元酵素の生成を抑え、AGAの進行を抑制することが出来るのです。

長期の服用が必要な場合も

GHTが特に強く作用するのは額と頭頂部です。この部分の薄毛や抜け毛が目立つようになったらAGAを疑ったほうがいいでしょう。反対に側頭部や後頭部はAGAの症状が出ることはあまりありません。プロペシアの効果は個人差がありますが、国内の臨床試験では一年間服用した人の半数以上が回復したそうです。すぐに効果が現れなくても長期間の使用で完治する場合もあります。クリニックによってはプロペシアと一緒にミノキシジルという発毛効果の高い塗り薬を処方する場合もあります。薄毛や抜け毛は大きなコンプレックスになりがちで、人によっては性格さえも変わってしまうこともあるのです。症状がひどくなる前に早めに診察を受けることが大切です。